食材の意味とは 食の豊かさ

食材は料理の材料のことです。現代は多くの食品があり大変恵まれた時代です。世界中のあらゆる食材を使ってお料理ができ、食べることができます。その種類は穀物、粉、果物、野菜、海藻、植物油、肉、魚介、牛乳、乳製品、卵、骨や軟骨、ラードなどの動物油など。また調味料、香料、乾物などの味付けや風味付けに使うものなども食材になります。そういう意味では、人の歴史がはじまって以来、世界中に無限の食材が存在してきましたし、まだ今後、未来に渡って、数え切れないほどの食べ物や食文化が生まれていくといえるでしょう。そして食が豊かであることが人の生活の豊かさでもあり、また心の豊かさを育んでいくともいえます。そして人の歴史や文化を創造していくものでもあります。

食の豊かさは、人の生活に何をもたらしてくれるのでしょうか。またその意味とはどのようなものなのでしょうか。それは身体をつくり、健康でいるための最も大切なものということがあります。どんな食材でどんな料理を食べるのかによって、人の身体がつくられて健康的な生活を支えます。「身体は食べたものでできている」といわれますが、身体、心、精神状態なども食べたものに左右されているといえるでしょう。また季節の移り変わりと共に、旬の食材を食べることは何よりも豊かで幸せなことといえますね。そのことを通して人と会話をしたり、コミュニケーションをすることから得られる心の豊かさがあります。おいしい食べ物を食べて団らんをすることや、食べることそのもので幸せを感じるなど、食から得ることができる恩恵は計り知れないもの。人の営みの中でも最も大切なことの1つといえるでしょう。

飽食の時代といわれています。そして、人が少しわがままになってしまっているような気もします。食べ物を大切にすることや感謝して味わうなど、基本的なことを忘れてしまっている場合があります。どんなものも有限です。無限にあるものはなく、粗末にしていたら、いつか食料がなくなってしまうことがあるかもしれません。当たり前にあるのではなく、豊かな自然の恵みや人の営みがあるからこそ、おいしい食材がつくられ私たちのもとへともたれされます。「天地人」の意味は、太陽や雨などの天の恵み、大地の豊かさ、人の働く力によって、豊かな恩恵が生まれ与えられることをあらわしています。おいしい食材が豊富にあり、それらを楽しみにして幸せに生活ができるのは、すべての恵みが与えられるからこそ。心から感謝すべきことなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です