全国の美味しいお肉を見つける食材クエスト

食材クエストと称して全国の様々な食材の取引状況等を把握してみると、最近大きく事情が変わってきた食材としてお肉が挙げられます。
例えば従来ではお肉の霜降り具合で食材のランクが決定される事が多く、レストランや小売店等が食材クエストとして仕入れる商品のほとんどが霜降りの割合が高い物を選択している傾向がありました。
しかし最近の購入されるお肉の傾向として脂肪と赤身のバランスが重視される傾向が強く、お肉専門のレストラン等は多少お肉のランクを下げてでも脂肪と赤身のバランスが良い物を購入しています。
そのため従来の食材クエストではインターネット上で公開されている食材の状態で仕入れを行う企業が多かったのですが、最近では現地に赴いてお肉の状態を調べてから購入する企業も増えており全国的に食材クエストが流行になっています。
またすき焼き等お肉に味をしみこませる仕組みになっている料理に関しては、脂肪や赤身のバランスだけでなくお肉自体に味がついているかどうかという点も非常に重要視されており、中にはこの絶妙なバランスを維持するべく赤みにも霜がある程度入っていて味わい深いお肉に仕上がっている銘柄もあります。
以上がお肉の全体を通した傾向ですがさらに細分化して食材クエストを進めいくと、全国で黒毛和牛の高品質化が目立っている傾向も注目されています。
特に山形が名産になっている黒毛和牛に関しては子牛の交配に拘った育成がなされており、美味しいお肉にはすでに正当な血統が維持される程のクオリティになっています。
これは生産者の育成技術だけでなく、牛の選別技術も大きな影響を及ぼしており育成に関しては安全な粗飼料や穀物を使用して脂肪の融点を低くするような技術まで開発されています。
こうする事で不飽和脂肪酸というビタミン群と特殊な栄養素の再生や変化を行う物質が豊富に分泌され、活性化される環境によってはうつ病や中性脂肪の減量にもつながるので健康的な意味合いでもお肉は注目されるようになっています。
この様な高機能なお肉を出荷するためには生産される地域の寒暖も大きく関係し、特にお肉の甘味に関しては寒暖の差なしでは語る事のできない程の影響力を及ぼしておりこれは地域別にお肉の味が違う要因の一つとして考えられています。
中には生産地域が盆地である事を利用して牛の活動が内在的な筋肉に影響を与えて、霜降りの量をコントロールする産地も存在するほどなので、食材クエストの際にはお肉の名産地がどういった地域なのかを詳しく分析すると霜降り具合や赤身の割合が把握しやすくなるのでお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です