食材とは、生きていく上で大切な物です。

食材とは?と問われると何と答えるでしょうか。大まかに言うと、調理の材料となるものが食材と言えるでしょう。日本はあり難いことに四季というものがあります。そしてその季節ごとに、旬の食材があります。旬の物は、新鮮で栄養も豊富、安価だというのも魅力的で、中には、体調に良い効能を与えてくれるものもあります。今の時代は、栽培方法も進化して、食材は季節関係なしに出回っています。利点を考えると、夏でもクーラーの利いた部屋で、お鍋が食べられるのは最高でしょう。冬野菜の白菜なども、どこのお店に行っても手に入るのは、メリットと呼べるのだと思われます。 ですが、野菜に於いては、旬の物に勝るものはないでしょう。昔の人は、季節にあった献立を考えて生活を営んできました。お正月のお煮しめは、数日食べられるように工夫した先人の知恵です。梅干やお漬物、お酢でしめたり、燻したりと、食材を上手く保存してきました。日本の食材とは、そうして日本独特のものとして受け継がれてきたのでしょう。

野菜だけでなく、お肉や魚も、料理には不可欠な食材です。日本人は、その食材を上手く使って、四季ならではの料理を考案してきました。春には、新生活を迎える為に、ビタミンやミネラルをたくさん含んだ旬の野菜を使います。ストレスを受けやすい時期でもありますから、食生活を充実させることに力を注ぎ、タンパク源でもあるお肉料理も、しっかり摂るように心がけています。夏は、食中毒に気を付け、栄養価の高い食材を選び、体力消耗や食欲不振に打ち勝つような献立にし、夏バテをしない体力作りをします。水分の多いものや、緑黄色野菜がメインの食材となります。秋には、きのこや根菜類などが、旬の食材となりますから、お鍋でもいいですし、胃腸の働きを高め、体を温める根菜類を使った洋食なども喜ばれます。ありきたりのメニューに少し変化を付けると、新しい献立に生まれ変わります。冬を迎える時期なので、ビタミンやカロテンを多く含む食材を取って、風邪予防をするのもいいでしょう。

冬は、野菜自体も寒さに耐えられるように、糖分が多く甘みがあります。鍋物に適した時期でもあって、お肉や魚も美味しく頂ける季節です。人間も、 皮下脂肪を蓄えて寒さに備えるように出来ているようです。どうしても食べ過ぎてしまい、体重の管理が難しい時期でもあります。冬野菜は、血行を良くし、体を温めてくれる作用があります。生きていく上での食材とは、本当に理に適っています。食せるあり難さをかみ締めなければいけないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です