亜鉛の多い食材の種類と手に入れ方のコツ

亜鉛は身体の中で行われている代謝に関わる酵素の構成成分の一つとして必須のものです。健康的な生活をするためには不足しないように摂取する必要がありますが、現代の食生活では不足しがちな栄養素としても知られています。一日の摂取量として成人男性で10mg、成人女性で8mgが推奨されていますが、毎日摂取しようとすると意外に難しいのです。しかし、亜鉛を多く含む食材を食生活に取り込んでいけば問題ありません。

亜鉛を多く含む食材として有名なのが牡蠣です。100g中に13.2mgも含まれているので、一日に3つか4つ程度の牡蠣を食べればそれだけで十分量を摂取することができます。しかし、食材としては高価なものになるので毎日続けていくのは難しい場合もあります。この他にも煮干しやスルメ、ビーフジャーキーなどの乾物にも100g中に5mg以上も入っていますが、乾物は量を食べることが難しいでしょう。レバーにも多く含まれていますが、他の栄養素が過剰になってしまう原因になるので毎日食べるのにはあまり適していません。毎日でも比較的続けやすいのが牛肉、ナッツ類、チーズの三種類です。牛肉には100gあたり4mgから5mg程度、ナッツるいは3mgから6mg程度、チーズにも2mgから7mg程度が含まれています。これらを一種類だけ食べるのではなく少しずつ組み合わせて食べれば必要量を摂取することはそれほど難しくありません。他の食材にも少しずつ含まれているので補給用にこのような食品を使いましょう。

特にナッツ類やチーズは保存性も高いことから大量に手に入れて亜鉛の補給源となる食材として手元に置いておくのも良い考え方です。業務用食材の仕入れをすると小分けで買うよりも格安で手に入れることができて経済的でしょう。ナッツ類やチーズは種類も多いですが店頭では販売されている種類も限られています。色々な種類を業務用食材として通販で手に入れるのは賢い方法です。それによって飽きずに食べながら、毎日亜鉛を摂取できるようにすることができます。一方、牡蠣や牛肉も毎日食べるとなると高価なものですが、業務用で手に入れると比較的安く購入できるので合わせて利用すると役に立ちます。自分の気に入った食材を見つけて色々なものから摂取できるようにするのが食を楽しめるようにするためのコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です