食材の英語名を知っているメリット

世界各国の食文化を取り入れて独自の食文化を生み出す傾向にあるのが現代日本です。全国各地に独自の食文化があり、その地域でしか手に入らない食材も少なくありません。他の地域に住んでいる人は知らないようなものも多数あって旅行などで現地に行って初めて知るということもよくあります。しかし、それは国内に限られたことではなく、世界規模で起こるようになっているのが現代社会です。世界各国で食べられている地域独特の食材を手に入れたいと思ったら比較的簡単に輸入することができるようになっています。各国の料理を楽しみたいというときには重要なことであり、現地にまで足を運ばずとも様々なものが手配できるようになっているのです。

日本にもともとある食材であれば日本名があって食材が販売されるときにはその表記が通常はあります。最近になってだんだんと新しいものが輸入されるようになってきています。この場合には英語名での記載が行われていることが多いのが特徴であり、国内で流通している輸入食品について正しく理解するためには英語名を知っていることが重要になりました。店頭に並ぶときには日本名で記載されている傾向がありますが、英語名をカタカナにしただけであってどのようなものだかわからない場合も少なくありません。食材としての性質をよく理解するために日本語に頼らないようにすることも世界各国の食材を楽しんでいきたいというときには必要になっています。

食材をインターネットで仕入れることもできるようになるのは英語名を知っておくメリットです。日本国内から調達する場合には日本名だけで十分ですが、海外から輸入したいとなると日本向けに輸出を行っている企業であっても基本的には英語表記になっています。国内産のものが旬ではないけれど、海外であれば今が旬ということもよくあり、より美味しいものを手に入れようとすると海外から輸入した方が良いこともあります。また、食肉のように輸入した方が安いものを手配しやすい食材も多く、経済的にメリットを生み出せることも珍しくありません。業務で使用するときには大量に入荷できることから輸送料も問題にならずに済む場合が多くなります。このような観点から日本で流通している食材であっても世界で食されているものであれば英語名を知っておくと役に立つのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です