買った食材を余らせないポイント

美味しい食材を求めて購入すると量が多すぎるということはよくあります。小分けで売ってくれれば良いのにと感じるときもあり、無駄になってしまうのなら買うのをやめようと思ってしまうこともあるでしょう。業者の場合には珍しい食材だと考えて大量に入荷してみたものの、メニューに入れても売れ行きが悪くて食材が悪くなってしまうこともあります。食材を余らせないのはコストの無駄をなくす基本であることに加えて、生産者に対して敬意と感謝を示す方法として重要なものです。

食材を余らせないためのポイントは買いすぎないこと、保存方法を考えること、使える可能性を模索することの三つです。消費期限を考えて買う量を調節できるのならたくさん買って安くするよりも、割高でも適量を買うというのが基本です。業者の場合には業務用精肉の卸の相談をするのが重要であり、見込まれる必要量程度で入荷できないかと交渉してみると良いでしょう。どうしても小分けで買えないというときには仕方ないですが、個人であっても業者と相談するのは良い対策です。一方、保存方法についてはかなりの種類の関して冷凍を活用できます。数日で期限が来てしまうようなものであっても、冷凍すれば何ヶ月も保存できるものも少なくありません。鮮度を落としたくないというときには急速冷凍が必要ですが、家庭用の冷蔵庫でもその機能が付いているものも出回っているので活用すると美味しさを維持することが可能です。生のままでは冷凍できないものも加熱すれば冷凍できる場合があることも覚えておくのが重要でしょう。

それでもなお食材が余ってしまうことはあります。半端に余ってしまった時が一番始末に困りますが、そのときにも他に使える可能性がないかを考えてみると解決可能です。少しずつ余ってしまった野菜をどうするかというときには、細かく刻んでスープにしてしまったり、かき揚げを作ったり、ミートボールやハンバーグなどの生地に混ぜ込んでしまったりして消費することができます。肉の場合にも他の種類のものと合わせて炒め物にするなど利用する方法は考えればいくらでもあるのです。この食べ方をするために買ったという目的があったとしても、余ってしまう分については他の方法で食べようという発想を持つことが食材を余らせないための重要な視点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です