美味しい食材は地域紹介のイラストにも登場

全国各地には美味しい食材がたくさん散りばめられ散ることはもはや誰もが知る常識でしょう。日本は海洋国家であると同時に豊かな大地にも恵まれ、世界的にも珍しい食材の豊富な国として知られています。地域ごとに特産物があり、それらはその地域を代表する料理を生み出して、地域にしっかりと根ざしています。郷土愛にもつながるそれらの食材に関しては、地域を広く広報するためにも活用されており、それらをデフォルメした可愛らしいイラストとして、地域紹介パンフレットやカントリーサイン(市町村境や県境に設置されている標識)などにその実物を見ることができます。その地域で生産される独自色の強い物が選出されることも多く地元の人々にも親しまれているものが採用される傾向にあります。

その他にも、いわゆる「絵になる」食材は地域に限定されることなく一般的な知見として共有されることも多く見られます。特徴のある外見であったりその食味が特に優れているなどの美点がある場合には、特にイラストとしての価値が高くなるものと考えて良いでしょう。イラスト化されることの多い食材には、海産物や果物が目立ちます。またイラストからキャラクター化された食材および料理なども多くありますので、全国各地を旅行する際にはそれらの特徴を有している食材イラスト探しというのも楽しいものでしょう。有名なものとしては、北海道の鮭やウニ、山形県のさくらんぼ、高知県のカツオ、福岡県のふぐなどが挙げられます。誰もが一度は目にしたことのあるキャラクターも多いものです。これらは地域活性化の一環としてさらに増えていくものと考えられます。

活用方法としては前述したように地域広報誌や広告などへの掲載のほか、立体化してキャラクターとしての認知度を高めることによるメディア出演、特産物のブランド化のための商標登録など様々な形で取り入れられています。実際にそのイラストや立体的キャラクターの存在が、食材だけではなく地域そのものとリンクした形で幅広く認知されることによって、大きな経済効果を生み出すことも知られるようになりました。優れたデザインと優れた味という特徴のコラボレーションによって、全国各地の名産品の認知度向上とブランド価値のアップに大きな役割を果たしているものであると考えられます。この傾向は今後も継続して行くことが確実視され、ますます地方発のアイディアに注目が集まっていると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です